Homeスポンサー広告家系図>家系図をつくろう  ~その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家系図をつくろう  ~その1

2008.07.08 Tue

私たちの事務所では『家系図作成』もやってます。

最近、他のスタッフが先祖の戸籍を調べていて、
それがあまりも楽しそうだったので
私も古い戸籍を調べてみました。
とりあえずは手近なところで、父の父方だけ。

PA0_0038.jpg

今の制度では、戸籍は親子2代しか記載されないのですが、
戦前の戸籍を見ると おるわおるわ、
一族郎党(うちには郎党は いないですすいません)
がぜんぶ載ってます。
戸主という、一家の主がいて、
その妻、子のほか、子の妻(婦)から孫から、
弟から 弟の子(甥)まで、わんさか います。

祖父や曽祖父(ひいじいちゃん) がどちらも再婚していた! とか
親も教えてくれなかった(知らなかった?)ことが分かったり、

m24

祖父は明治42年生まれだと聞いていたのに、
じつは明治24年生まれだったり。。
親の話も結構いい加減なもんだなあと思ったり。
(とか言ってこれは私の記憶違いかも)


それから、祖父の甥のところを見ると、
『大正×年、朝鮮全羅北道にて出生・・・昭和×年本籍地に転籍』

とか書いてあって、
そうか このころは日本の領土になってたのだなあ とか、
祖父の弟はいったい朝鮮にどんな夢を求めて行ったのかなあ
などと想像したり、
戸籍ひとつから いろいろな情報を読み取ることができて
なかなか楽しいものです。


さて、家系図づくりで重要なのは やはり

「どこまで さかのぼれるか」

というところなのですが、
今回は、自分を含めて5代、
元治元年までさかのぼることができました。
いちばん古いもので明治25年に作られた戸籍 というのが残っていました。

祖父  健次郎 明治24年生まれ
曾祖母 さき   明治5年生まれ
曾祖父 留蔵  元治元年生まれ 
高祖父 宗右エ門 (生年不明)

宗右エ門さんの生まれ年が気になるところです。
5代というのは少ないような気もするのですが、
父と祖父が60歳近く離れているので仕方ありません。
「もっと古いのも知りたいんですけど」 と役場の人に言うと

「これ以上はもう お寺さんとかに行っていただかないと」

と言われたのでとりあえずこの日はあきらめました。


ところで わたし 『元治』なんていう元号は聞いたことがなかったので
ちょっと調べてみたのですが、
元治というのは、慶応の前、文久の後で、
1864年3月27日から1865年5月1日までの
1年ちょっとの間だけ使われていた元号です。
だから元治は元治二年までしかありません。
この元治元年には、禁門の変や池田屋事件などがあったそうです。
へぇー。


というわけで、家系図作成は その過程がとっても楽しいのです。
次回は母の父方を調べてみたいと思います。(つづく)

(※注)
 ろうとう【郎等/郎党】
 1 身分的に主人に付き従う従僕。従者。
 2 中世、武家の家臣で、主家と血縁関係がない者。郎従。

スポンサーサイト

コメント

*ちちんぶいぶい

家系って調べられるんやね

おどろき

*No title

そうなんです。
でも戸籍は除籍から80年で廃棄されてしまうので
今のうちに調べておかないと
古い先祖がたどれなくなってしまい
とっても もったいないのです。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ksenriyama.blog116.fc2.com/tb.php/2-825d73e1
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。